WDI GROUP RECRUIT

WDI企業理念 ダイニングカルチャーで世界をつなぐ

WDI企業理念 ダイニングカルチャーで世界をつなぐ

ダイニングカルチャー

ダイニングカルチャー

“食”は時代を超えて受け継がれる“文化”です。世界のさまざまな国と地域で育まれた“食文化”を担い、伝える伝道師の役割を果たします。私たちは、“食”を通じて、人と人、文化と文化をつなぎ、心豊かな“出会い”を創造します。

WDI レストラン

私達WDIは、レストラン産業に参入してから40周年を2012年に迎え、様々な食文化を日本のお客様、そして海外のお客様へとお伝えしてきました。イタリアンブームの先駆けとなった「カプリチョーザ」、ロックを聴きながらお食事を楽しむスタイルを提案した「ハードロックカフェ」の他、世界の牡蠣が食べられる「グランドセントラルオイスターバー」、北欧料理をベースにした「アクアヴィット」など、今までに体験したことのない食文化をお客様に提供しています。
 
近年では、2012年に"朝食文化"にスポットを当て、ハワイ発「エッグスンシングス」を横浜みなとみらい、湘南江の島に。そして、ニューヨークから"朝食の女王"「サラベス」を新宿ルミネ、代官山にオープン。2013年はハワイで人気のWDIオリジナルのファイン・イタリアン業態「タオルミーナ」をカジュアルなトラットリアタイプとして、大阪に逆輸入。2014年は、ニューヨークの有名ステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」を合弁事業として六本木にオープンしました。

「ダイニングカルチャー」に関する先輩社員の声はコチラから。

「ダイニングカルチャー」に関する先輩社員の声はコチラから。

  • クリエイティブダイニング事業部 スーパーバイザー 山森 友一朗
  • 管理本部 国際企画 副部長 内田 衣保

ホスピタリティ

ホスピタリティ

“ホスピタリティ”とは、人をおもてなし、人の喜びを自分の喜びとして感じることができる
コミュニケーションの在り方を意味する言葉です。私たちが一番大切にしているもの、それが“ホスピタリティ”です。

お客様にホスピタリティを発揮するには、まずスタッフ、一緒に働く仲間が仕事を楽しめなければならないのでは…という考えのもと、WDIでは様々な制度で、レストランで働く楽しさ、誇りをサポートして行きたいと考えています。

ベスト・ホスピタリティ賞

WDIの各レストランで発揮されるホスピタリティ。それは、社員だけではなく一緒に働くパートナーの皆さんの活躍があってこそ。この賞は、店舗で活躍する全ての人が対象となり、各店から集まる推薦文を基に表彰。表彰されたスタッフには、ピンバッチを授与。ホスピタリティ・オブ・ザ・マンスを受賞したスタッフの数は、年間約100名。一年を通してホスピタリティを発揮された方は「ベスト・ホスピタリティ・オブ・ザ・イヤー」が贈られます。

受賞者のご紹介

ベスト・ホスピタリティ 受賞者

(左から順に)
2013年度 ベスト・ホスピタリティ・オブ・ザ・イヤー
カプリチョーザイオンモール高知店 パートナー 中添歩美さん

ベスト・ホスピタリティ・オブ・ザ・マンス
2013年10月度:カプリチョーザ宇都宮インターパークショッピングビレッジ店 パートナー 橋本規代さん
2014年1月度:ハードロックカフェ福岡 契約パートナー(現・社員) 鈴木一奈さん
2014年2月度:ババ・ガンプ・シュリンプららぽーと豊洲 パートナー 小宮裕太さん

※WDIでは、アルバイトの方をパートナーと呼びます。

お客様の記念日と同じように自分の記念日も大切に…

お客様のお誕生日、結婚記念日…数ある中から私達のレストランを選んでいただき、お客様の記念日をお祝い出来るのはレストランパーソンにとって最大の喜び。同じように、社員にも自分の誕生日や、記念日には、笑顔で楽しいひと時を過ごしてほしい。そのような想いで、記念日ディナー券を社員全員にプレゼントし、楽しいひと時を過ごしてもらいたいと考えています。

記念日ディナー券

ご家族への感謝を花束に…

スタッフがホスピタリティを発揮するうえで、ご家族からのサポートはかけがえのないもの。いつもサポートいただいているご家族のお誕生日に花束をお贈りして、感謝の気持ちを伝えています。

花束 「ホスピタリティ」に関する先輩社員の声はコチラから。

「ホスピタリティ」に関する先輩社員の声はコチラから。

  • カプリカフェ アトレヴィ田端店 アシスタントキッチンマネジャー 岩崎 太郎
  • ババ・ガンプ・シュリンプ 東京店 アシスタントゼネラルマネジャー 﨑濱 亜紀
  • カプリチョーザ なんばダ・オーレ ゼネラルマネジャー 小西 亜紀

本物志向

本物志向

“食文化”の本質を見極め、価値を高めていくこと。食材の品質と管理に最大限の注意を払うこと。私たちは、“食文化”と“安全”を担う責任を引き受け、個性と品格を大切にした店作りにこだわります。

地域一番店プロジェクト

マルチブランドの展開をするWDI。どうしたら各ブランドの特性を活かし、お客様に感動を与え、地域の中で一番愛される店舗になれるのか。2008年からスタートしたこのプロジェクトでは、店長・調理長がリーダーとなり、「地域一番」を目指し、店舗一丸となって取り組んで来ました。社内イントラや、メールマガジン、10月の中間発表会などを通して、全社で取組みを共有、刺激し合い、そして見事な取り組みを行なった上位6店舗が、その成果を「GMコンベンション」という舞台に立ち、プレゼンテーションをおこないました。2013年度 見事ゴールドアワードを受賞したのは「結果を出すことで喜びを共有できるチーム作り」をキーワードに取り組んで来た、ババ・ガンプ・シュリンプ東京店。今後は、6年間積み重ねて来たノウハウを各店舗でQSCVの向上に繋げて行きます。

地域一番店プロジェクト

WDIカレッジ

2008年からスタートしたスキルを磨きたいという人の為の学びの場「WDIカレッジ」は、理念浸透・実務能力開発、モチベーション開発を目的として「エントリープログラム」、「ノミネートプログラム」、「マストプログラム」の3種類で構成されています。

エントリープログラム

参加者自ら手を挙げ、参加するプログラムです。年間約12のバラエティに富むプログラムを実施しています。スタート当初から伝統的に続くプログラムや、新しいプログラムも登場中。現場ですぐに役立つスキルを学びます。

プログラム例)デザート研修、米作り研修、ワインチーズ研修、調理技能研修、サービス技能研修など

エントリープログラム研修風景

ノミネートプログラム

参加するのは、所属する事業部などから推薦されたメンバーのみ!プレミアム感たっぷりのプログラムです。

プログラム例)選抜!次期店舗管理職候補者研修…将来の店長・調理長を期待された人が集まる2日間のプログラム。管理職として必要な知識を学びつつ、東西から集まる他事業部間の交流も魅力の一つです

ノミネートプログラム研修風景

マストプログラム

入社時や昇格時など、それぞれのキャリアの中で必要な時期に必要な知識を深める為のプログラムです。WDI社員としての意識を高めていきます。

プログラム例)新任店舗管理職研修、衛生力強化、一般入社フォローアップ

マストプログラム研修風景

エンプロイオブザイヤー

この賞は、WDI社員としての憧れ。店舗の個性を最大限に活かし、年間を通して、高いパフォーマンスを発揮した社員が表彰される制度です。

2013年度エンプロイオブザイヤー

金賞 ハードロックカフェ横浜 鈴木隆之
銀賞 カプリチョーザ アガーニャ・ショッピングセンター(グアム) アレクシス ルピド

「本物志向」に関する先輩社員の声はコチラから。

「本物志向」に関する先輩社員の声はコチラから。

  • カプリチョーザ さいたま新都心店 ゼネラルマネジャー 松嶋 裕大
  • ハードロックカフェ 東京店 スタッフ 大和 真帆

チャレンジスピリッツ

チャレンジスピリッツ

私たちには、1軒の店から世界へと歩みを進めた“歴史”と“伝統”があります。“伝統”は、絶えまない“変革”から生まれ、力として、蓄えられます。私たちは、自己否定を恐れず、常に自己改革に挑戦します。

WDI 海外ブランド

WDIのチャレンジスピリッツはここから…

1972年のレストラン産業参入以降、1975年、並み居る競合を押しのけ、「プレイボーイクラブ」出店の権利を獲得。翌年には第1号店を六本木にオープン。その後、「トニーローマ」、「ハードロックカフェ」などを日本へ紹介する下地になりました。海外へは1979年、ハワイへ出店、その後、グアム、バリ、アメリカ本土、2012年には、中国へと新たな国へ、食文化を拡げるチャレンジをし続けています。また、会社としてだけではなく、社員一人一人も失敗を恐れず、良き伝統を引き継ぎながら、新しい事にチャレンジする勇気を持って、歩みを進めていきます。

WDI シェフ

新たなフィールドへ、社内公募制度

WDIのチャレンジを支えるのは、やはりチャレンジスピリッツを持った人財。海外へのチャレンジや、新規プロジェクトへのチャレンジをしたい場合は、社内公募制度を利用する事が出来ます。これまでに、この制度を利用して日本から海外へのチャレンジを実現させた人、その他、新店オープニングスタッフへ手を挙げる人、店舗からサポートセンターへ異動するなど、様々なキャリアが生まれています。

「チャレンジスピリッツ」に関する先輩社員の声はコチラから。

「チャレンジスピリッツ」に関する先輩社員の声はコチラから。

  • ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店 ホール 川端 佑佳
  • エッグスンシングス 湘南江の島 ゼネラルマネジャー 皆川 岳大

グローバル

グローバル

“食文化”は、国境を超え、互いに影響を及ぼしながら進化し続けます。
私たちは、多様性を進んで受け入れ、国や人種を超え、世界を舞台に成長します。

WDI 海外スタッフ

語学スキルアップサポート制度

海外での活躍には、語学力、コミュニケーション力が必要です。WDIでは、語学力アップに向けて、語学スキルアップサポート制度を設けています。対象にしているのは、英語、中国語。検定を無料で受けられ、一定の結果を出した人には、インセンティブが支給されます。また、海外への出向が決まった人には、英会話のレッスンも実施。現地に行ってからの生活をサポートしています。

WDI 海外スタッフ

グローバル人財とは

WDIでのグローバルは、ただ単に、海外へ行くという事だけにスポットを当てているのではありません。自分の周りには、様々なバックグランドを持ち、様々な考え方や意見を持った人がいる。その人達を自ら受け入れ、自分の価値観でだけではなく、視野を広げられる人財になっていく…そしてその化学反応を力にする、コミュニケーション力を持った人、それがWDIの考えるグローバル人財です。

「グローバル」に関する先輩社員の声はコチラから。

「グローバル」に関する先輩社員の声はコチラから。

  • タオルミーナ ハワイ シェフ 三村 浩之
  • カプリチョーザ 成都 スタッフ 邢 鷺
  • ババ・ガンプ・シュリンプ バリ店 ゼネラルマネジャー 加藤 孝明
BACK TO TOP