WDI GROUP RECRUIT

社長メッセージ

外食との出会い、そしてWDIへ

 WDI創業者を父に持ったことで、私は小さな時からレストランでの食事や、海外旅行の機会が多かったほうだと思います。レストランに連れられては、子供ながらに料理の味わいのみならず席数を数えたり、メニューを見ながら客単価を推測したりという事をしていました。知らず知らずのうちに経験を重ねてきたと言えます。大学卒業後は、社会勉強と経営を学ぶべく三井住友銀行へ就職。6年間程勤務したところで、父からレストランビジネス参画の打診を受けました。以前より、いずれそうする時期がくるであろうとは感じていましたが、私もいまがレストラン経営に乗り出すべき時期と考え、WDIに入社しました。1998年の出来事です。

WDIグループの強み

 ここで皆さんにWDIの強みである「息の長いブランド運営」と「マルチブランド戦略」についてお話したいと思います。

 私たちは『カプリチョーザ』、『ハードロックカフェ』など、息の長いブランドを多数手掛けています。WDIはブームを作って、そのブームが終われば違う店に作り替えるというようなことはしません。お客様に長い間愛され続ける本物志向の店づくりが大事だと考え、これを追及しています。ひとつ例を挙げると、WDIは1985年から『カプリチョーザ』を展開しています。その当時、両親に連れられて食事をされたお子様が、やがて成長し、今では親となって自分の子供を連れて『カプリチョーザ』ご利用頂いています。これはブランドをしっかりと守り続けているからこそ生まれるエピソードの一つです。 もうひとつの強みのマルチブランド戦略ですが、これはビジネスモデルとしてだけではなく、ES(Employee Satisfaction=従業員満足)を高めることを意識しながら進めています。 マルチブランド戦略は、店舗で働くスタッフにとってアメリカン、イタリアン、フレンチなど様々な業態やコンセプトに関わることで自分自身を磨くことができますし、活躍できるフィールドがひとつの会社の中に数多く用意されているということだからです。「イタリアンを極めたら、次はフレンチに挑戦したい!」、そんなチャレンジスピリットを持つ方には様々な可能性やチャンスを見つけられるでしょう。売上目標を達成することは大切ですが、私は、その前提となる現場(店舗)スタッフのモチベーションをどのように高めてゆくのかが大事だと考えています。ESがなければCS(Customer Satisfaction=顧客満足)を高めることはできないと考えているからです。

社員を大切に、それがWDIの文化

 会社があって、社員がいて、社員の後ろには家族がいる。そんな人間社会の構図を大切に、WDIには40年間以上育んできた文化を大事にする仕組みがあります。社員ひとりひとりが一生懸命努力をして得た貴重な経験を、個人だけのもので終わらせず、皆で分かち合い、磨きあう場を作りたい、と考えた事が始まりでした。そして、現場で活躍している社員に、もっと「やりがい」を感じて欲しい。誇りをもった「プロ」に成長して欲しい。「WDIの一員」という実感を持って欲しい。そんな想いを込めて、私たちは社内大学制度、『WDIカレッジ』をスタートさせました。WDIカレッジは、物事の本質を捉え、磨き上げてゆく中で進むべき方向性を掴む「志」の高い人を応援します。自己否定を恐れず、自ら成長を望む社員に、WDIカレッジを通して自己を高めていってもらうことを望んでいます。
このWDIカレッジは人事制度とも関連させたプログラムとしています。

それは
1.企業理念を理解・共感し、その志の実現に向けて実践しようと考える人
2.人財育成を積極的に行い、自己のキャリアを深める人
3.積み重ねた経験と、新たなチャレンジにより、成果を生み出す人

 従業員全員が、「ダイニングカルチャーで世界をつなぐ」を合言葉に現場力向上を目指し、食文化事業に携わる事を幸せと感じる人財になってくれることを期待しています。今後もこうした文化を継承していきたいと考えています。

WDIが求める人物像

 WDIの採用状況は、現在は新卒入社が約4割、中途入社が約6割です。飲食店での勤務経験を積んだ即戦力の方はもちろん、未経験の方であっても「人と接することが好きだ」「レストランでのアルバイトが楽しかった」という気持ちを持つ方には是非WDIに飛び込んできて欲しいと思います。様々な考え方や経験が互いに刺激し合い、融合して、共に成長していく。これがレストランビジネスの醍醐味であり、大きな魅力です。

 ではここでWDIが求める人財像をお伝えしましょう。1つ目は、チームワークを大切にする人。文字通り、仲間と協調性を持って働けるということに加え、TEAMの文字にあてはめられる特性を持った人です。それは、T=Technology / 最新の技術や知識の習得を心掛け、E=Emotion + Egao / 情熱と笑顔を持って、A=Action / それを実行し、M=Motivation / 常に動機が明確で意識が高い状態で仕事に励んでくれる人です。2つ目には、常にお客様の視点を大切にする姿勢を持った人、“人に喜んでもらう喜び”を感じられる人です。3つ目は、自己否定することが出来る勇気のある人です。WDIには外食40年の歴史があり、これまでに沢山の成功体験があります。しかし、それに囚われない柔軟な発想と行動が、これから入社していただける方に期待する大きな役割だと考えています。

 最後、4つ目は、"グローバルな感性" を持った人です。WDIは海外展開を積極的に進めており、そこには海外経験を積めるチャンスが広がっています。多種多様な価値観、文化を柔軟に共有できる人財が必要です。それは海外勤務を希望される方だけの話ではありません。WDIで働く全員が、自分と異なる意見を持った人の話をしっかりと聞く姿勢を持ち、自分のこれまでの成功体験や固定概念を一度否定して、違う意見を取り込んでみるということが求められていると思います。それは、人の声に耳を傾け、自分の中で噛み砕き、構築し直すということです。これがWDIの目指すグローバル展開の原動力だと思います。世界で活躍したい方、ぜひ我々WDIの扉を叩いてください。あなたが活躍するフィールドがここにあります。

株式会社WDI 代表取締役 清水謙

BACK TO TOP